FC2ブログ
告白・し・ま・しょ…
女性たちの赤裸々な告白
プロフィール

win & goo

Author:win & goo
「告白…」へようこそ

当ブログは調教のカリスマ”win”様と一番弟子の”goo”により運営されています。

win様に寄せられた女性の告白投稿を、ほぼ原文(もちろんプライバシーには配慮)で公開してます(やばいところは隠してますが…笑)。
女性からの告白・gooへのメッセージ待っています。

また、ブログ内で使用させて頂いた画像に著作権等の問題が発生した場合はすぐに削除させて頂きますのでご連絡ください。

告白の投稿やメッセーはこちらから



相互リンク随時募集中です!!
よろしくお願いしま~す !!







カテゴリー



最近のコメント



過去ログ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



gooの巡回リンク

gooのお勧め画像系!(o^-^)



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みちです。
いろいろなホームページの告白を読んでいるうちに自分も何かしてみようかなって気持ちが押さえきれなくてつい先日、総武線の電車の中で実行しました。

白のミニにTシャツという姿。パンストははきません…


ラッシュはとっくに過ぎた頃で車内はすいていてドアに近いところに腰掛けました。
いつもなら席に座ると鞄をふとももの上に置いて中が見えないようにするんですけどその日はバッグを網棚の上に置きました。

正面に座っていたのは30才くらいのサラリーマン。
すわったとたんに目つきが変わりました。
ミニスカートの裾がふとももの付け根近くまできてしまうからです。
もともと背が高めなのですがハイヒールを履いていたので、さらに膝が持ち上がり気味になってたぶん、膝をあわせて座っていてもスカートの奥が少しは見えていたのかもしれません。

その男の人はスポーツ新聞を両手で持ちなにげなさそうに読むふりをしながらあきらかにちらちらとこちらを見ています。
そこで少し、10センチくらい膝を開いてあげました。
ミニの奥がはっきり見えているはずです。
とたんに男の人の視線は釘付け
でもその張り付くような視線を感じるとかえって気分が高まります。

中吊りの広告を見る素振りをしながらもう10センチくらい膝を開きました。
まるで「見て見て」って言っているみたい。
すると正面の男性だけでなくその両隣の男性までのぞき込んできました。
そして隣のおじさんも・・となりからでも、見えそうでみえないくらいにミニの裾がめくれているからです。
注目を浴びるほどにドキドキして、つい手が・・胸元へ・・
シャツの上からゆっくり押すようにして胸の膨らみをさすってしまいました。

そのときはもう顔から火が出るような恥ずかしさなのに手は止まらずに動いていました。
そんなことをしてるうちに、股間が奥の方からじくじくと疼いてきました。
膝と膝を閉じ合わせて股間のあたりを締めるように力んでみるともうあそこがジュンとしています。

触りたくてたまらなくなっていたんですが、さすがにそれはできないので足を組んで・・その瞬間、濡れてシミのついた?パンティーが露わに?・・

重なった太股どうしを小刻みに擦るようにしてあそこにわずかな刺激を送りました。
本当ならそれだけでは物足りないはずなのに体中に刺さる男に人達の視線に、恥ずかしいんですけどとっても興奮しました。

学校のある駅に着いたので(私、学生です)あわてて電車から降りると、正面に座っていた男の人がいっしょに降りてきます。

階段を上がりちらっと振り返ると腰を屈めるような姿勢でミニの中をしつこく覗いているんです。
今思い出すと、おやじ!って感じですけどそのときは私もハイだったので、そんな
に見たいならって感じになって駅のトイレに入って、パンティのお尻の部分をTバックみたいに食い込ませました。

トイレを出るとおやじが待っています。
さりげなくその前を通って改札口を出て駅ビルに入っていくエスカレーターに乗るとやっぱり後を付けてきミニの中を覗くような素振り。
きっと私のお尻が見れてうれしかったはず。
私もパンティーを脱いだみたいにすーっとした感じがしてますます変な気分。
お客がまばらな駅ビルのショッピング街を一回りするともう何だか我慢できなくなって、またトイレに駆け込んでしまいました。

パンティーを下ろすと底の部分にシミができていてあそこはというともうぬるぬる。
指がにゅるってすぐに奥まではいっちゃうくらい。
便座に腰掛けて両足を広げ、とうとう指まん(・・いやらしい言葉・・)
はげしく出し入れするとくちゅくちゅっていう音が個室に響きます。
しばらく行為に没頭していると隣の個室に誰かが入ってきました。
聞こえたらっ・・って思いながらもなかなか止められません。
それどころか、下半身は甘く淫らな感覚がますます鋭くなっています。
声が漏れるのを必死で堪えましたが
つい「うっ」って呻くような声をあげてしまいました。
その瞬間、隣の個室の物音がぴたっとしなくなりました。

気づいてはいないけど、何か変だとは思ったに違いありません。
それでも、自分の意志では指の動きを止められません。
とうとう「あぁー」って、それと分かるいやらしい声を漏らしてしまうと堰を切ったように「あぁ、あぁ・・いい」って喘ぎながらいってしまいました。

その直後、隣の個室から「だーれ?こんなところで・・さいてー!」と責めるよう
な声。さすがにこのときは自己嫌悪。

その後は、隣にいた子が同じ学校の子で(同じ年齢くらいの感じの声だったので)
彼女がトイレの外で待っていて顔を見られたらとついつい不安で30分近く外に出れませんでした。
あたりの様子をうかがいながら出てきたときには誰もいなくてほっ・・

おやじもいなくなっていて、ちょっと残念?
自分が本当に切れてしまったのが怖い・・

でも、今度はどんなことをしてみようかな?
またメールします。


投稿はハンドルネームで。下記からどうぞ。
告白の投稿はこちらから



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:エッチな体験談、告白 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kokuhakunoheya.blog31.fc2.com/tb.php/25-f1b506e1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。